読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無精ヒゲは社会的に嫌われる状況にある

社会人であるならヒゲを剃っていることが常識であると考えられています。そのため、早朝にヒゲを剃るのは社会人として当たり前の身だしなみだと考えられています。



しかし、プロスポーツの選手においては、無精ヒゲが非常にかっこいい人が多くいて、それをあこがれてヒゲを伸ばしたいと考えている人も多くいます。しかし、多くの人の常識から外れるとビジネスにおいてマイナスの評価を受けることから、どうしてもヒゲを伸ばすことはできない環境になってしまいます。



ヒゲを伸ばしたいと考えるのであれば、大きな企業に在籍することは難しく、自営業などで脱サラをする等の考え方になってしまいます。そこまでしてヒゲを伸ばしたいのか?という考え方になるので、結局は周りの人達に合わせてヒゲを剃る習慣となります。



1日にヒゲを剃る時間が3分程度であったとしても、社会人として毎日ヒゲを剃り続ける日数を計算していくと膨大な時間になります。そのため、早い段階でヒゲ脱毛をした方が良いのではないかと考える場合があります。



ヒゲを剃る時間が無くなれば、少しでも長く睡眠することが可能であるし、シェーバーやシェービングクリームを購入する手間がなくなります。そのあたりも考慮して脱毛にかかるコストを捻出する考え方も悪くないと考えられます。